ただ 今を生きるのみ   〜いざ、アフリカへ〜

僕はこの世のことがよくわかりません。自分の考えは間違いだらけでしょう。でもだからって何もしなければ間違ったまま。「君主は日に三転す」という言葉があります。賢者は自分の意見をコロコロ変えても良いのです。自分の考えは間違っているかもしれません。そしたら考えを改めればいいののです。発信から気づく間違いもあるでしょう。発信しようとすることで、新たに知る機会を得ることもできます。まぁこんな感じで、なんか色々書きたいと思ったことを書こうかな。メアド:yo.dash0624@gmail.com

How Japanese people think thier own emperor in the history and at the present.

How Japanese people think thier own emperor in the history and at the present.

Uniqueness of Japanese Emperor, Meaning of Emperor in Japan, Necessity of Emperor in Japan

 

 

Table of contents

1 Analyzing the meaning of a quote (Meaning of period classification)

2 Change from Meiji to Taisho

  Character of Meiji/ Character of Taisho/ Change of thoughts/ Change of Emperor

3 History of Japanese Emperor

  Uniqueness of Japanese Emperor/ Japanese Emperor in ancient times / Samurai era/ Japanese Emperor in Meiji Restorartion / Showa and the present Emperor

4 Relation between time, history, people and the emperor in modern Japan

 

 

1 Analyzing the meaning of a quote

     Harry Harootunian wrote that “the end of the Meiji period and the establishment of the Taishō era is a reminder that the problem of endings and beginnings still prevails and that the questions such problems raise are very much a part of contemporary historical consciousness.”

      This quote expresses the usual mistake that historian tend to create clear boarder in order to describe the end and the beginning of an epoch. Classifying periods of history makes it easier to capture the characteristic of an epoch, however, such characteristic does not change suddenly but change gradually. Therefore, if you are conscious of the end and beginning of an era, you would miss reasons and contexts of change. Also, although we tend to identify the end and beginning of an era for convenience, people at the time did not have such conscious. One example is the classification between Meiji and Taisho era.

      

2 Change from Meiji to Taisho

2-1 Character of Meiji

    In Meiji era, mind of samurai still prevails among Japanese people especially among establishments. Samurai’s mind, which cherished royalty for their monarchs, led to the mind in Meiji which are expressed some words such as “chukun aikoku”, “risshin shusse”, “fukoku kyohei”,” bussaan kogyo”, “gashin shotan”. These words represent totalitarian ethos in Meiji period in common.  Society at the time has tendency to put more weight on the nation than individuals for the sake of development of Japan. Tokutomi Soho ,who were a japanese journalist,

 “summoned the traditional ideal of “loyalty to the lord , love of the nation” (chukun aikoku) as the basic principle upon which to construct a new vision aimed at securing cooperation among high and low. In earlier times, he recalled, people had voluntarily shared in the implementation and realization of the great goals of fukoku kyohei (rich country, strong army) and bussan kogyo(commerce and industry), not for personal profit but for the advancement of the nation.”[1]

These idea regarding their country highly were the characteristic of Meiji era. Haeootunian mentions that “These ideals had been imparted as a sacred trust to all Japanese, regardless of class and status and their acceptance had made possible the intellectual and spiritual unity of the Meiji period.” [2]

 

2-2 Character of Taisho

      On the other hand, people at the Taisho era became thinking more about individuals than country. Harootunian said that in Taisho era, “the meaning of self-sacrifice and group effort was transmuted into the promise of the self seeking its own goals; public interest became private interest.”[3] He also insisted that “an awareness of the state had given way to an awareness of the self.”[4] People in new epoch sought for private impulse and selfish desire. Japanese historian Kamishima Jiro has equated “the end of Meiji with the formation of individualism and privatization .”[5] In addition, people in taisho period required adjustment of politics which resulted in emergence of democracy. Taisho culture “evoked new associations related to the nuances of consumers’ life, to individualism, culturalism, and cosmopolitanism.”[6] Although as a result of emergence of middle-class from peasants and merchants and emergence of women, variety of ideology had appeared, these ideologies are basically from the collapse of idea in Meiji era: “for the sake of the country”.

 

 

2-3 Change of thoughts

     As this essay already analyzed with the quote, these change of thoughts from Meiji to Taisho has not clear end and beginning. Period classification is from the view point of contemporary historians. Changes of people and their ideas are gradual. For example, we can see individualist thinking in Meiji period already. “risshin shusse” is that. In Meiji period, “risshin shusse” is the word which represent how important it was to work hard “for the sake of country”, however, this word also conveys the sense of success “for the sake of self, one’s family or one’s native place. “ Harootunian points out that ideals in Meiji such as fukoku kyohei and bussan kyogo “had been initiated by the people”[7] but by the government. In other words, people in Meiji period already thought about their own profit. Although in Meiji era such personal profit could closely related to public profit, in Taisho era people became think just their own self such as money. In the same way, the emergence of middle-class and variety of ideologies had not appeared suddenly, but gradually appeared from Meiji era. As young people ,who were born in Meiji and don’t know Edo period and real samurai, play active parts in the government and society, their ideologies had changed little by little. In this sense, clear border between Meiji and Taisho doesn’t exist.

 

2-4 Change of Emperor

    However, death of Meiji emperor which is identified as the end of the epoch was not just the border between Meiji and Taisho, but certainly affected to the history. Especially in Meiji, the emperor played great part as a symbol of the epoch. Appearance of people when the emperor died shows that how greatly the emperor affected the spiritual life of Imperial Japan. The social critic Miyake Setsurei has described the mood of the evening in which the emperor died. “The moon was covered by clouds, and just as it began to rain heavily, we received news of emperor’s death. The crowd of people (outside the Imperial Palace), which numbered approximately 70,000, lamented in unison, The numbers who stayed through the night without sleep were considerable.” [8]The Meiji emperor was so big existence for the people at the time that numerous people were stunned. Also, suicide of General Nogi Maretsuke which is called junshi—the warrior’s taking his own life after his master had fallen—clearly symbolized this sense of the ending of Meiji. His junshi was praised an an act of “samurai sincerity and pure loyalty”, but also recognized as the end of the epoch. Although it was exaggerated with the imperial office, the Emperor Meiji “symbolized the charisma of the revolutionary leadership which led Japan to its present position as a world power in the early twentieth country.”[9] He was believed as a “living deity” who was able to talk with Amaterasu Omikami; Totami God in Japan. Harootunian states that “When he became ill, his doctors, it has been reported, were disinclined to touch his body. They were able to examine him only when he was asleep.”[10] On the other hand, the Emperor Taisho was mentally incompetent. His performance as a student at the Peers School had been a failure. “His own style was matchless in its inconsistency and incompetence” [11], Harootunian mentions. The new emperor had not identified as a big existence like Meiji had. This change of emperor certainly impresses not only contemporary historians but also people at the time that the spirit of Meiji ended and the new epoch began.

 

3 History of Japanese Emperor

3-1 Uniqueness of Japanese Emperor

      Japanese Emperor is identified as a symbol. In fact, death of Meiji Emperor give Japanese people at the time the impression that the age had finished clearly, although the change of the period was gradually appeared from before. There are a lot of examples around the world that death of an emperor affects mind of people, however, what the replace of Japanese emperor means is especially special as the death of Meiji was so. To come to the point, Japanese emperor has special meaning in that the line is formally continuing from the ancient times. This character support the authority and power of the emperor.

 

3-2 Japanese Emperor in ancient times

     We can understand ancient emperor in Japan from “Kojiki” and “Nihon Shoki” published in 712 and 720. At least from late sixth century, the Emperor was utilized effectively in order to govern the country. Modern history researcher, Kasahara Hidehito states that in late sixth century, “Shotoku Taishi intended to actively learn theory of the kingship from the country Kokuri.”[12] Japan in those days was threatened by Sui (Chaina). So as to resist against the power of Sui, Japan established emperor system which is different from Sui’s system. In contrast with the theory in china which distinguish the celestial Emperor from the terrestrial Emperor, the theory of Japan identifies the emperor as real deity god who is descendants of god. As a result, although the line of chinese emperor could often change under the idea of “Ekiseikakumei”—revolution decreed by Heaven when the incumbent emperor is found lacking in moral virtue, japanese emperor had always been inherited by their own descendants. Kasahara mentions that “Japan armed with theory by positively accepting the theory of kingship from Goguryeo (Korea) which is different from the theory in Sui (China).”[13] In late sixth century, the government in japan had already utilized the integration power of the emperor and the emperor system was succeeded with legitimate genealogy consistently.

 

3-3 Japanese Emperor in Samurai Era

     In Heian period, the era of the emperor and aristocracy, the emperor was certainly took seriously, but also after its period, the era of Samurai, the politician couldn’t disregard the Emperor. After Kamakura era, samurai opened the Shogunate and governed the country with their own big authority. In spite of top of the samurai had great authority which could rule everything in Japan, all the shogun or top of the samurai had not abolished the emperor. Minamoto no Yoritomo, Ashikaga Tkauji, Oda Nobunaga, Toyotomi Hideyoshi, Tokugawa Ieyasu, all of them would rather have utilized the authority of the emperor than abolished it. This is the evidence that the emperor in Japan has huge authority and legitimate genealogy unlike in China.

 

3-4 Japanese Emperor in Meiji Restorartion

     In the end of the Edo period, Tokugawa Bakufu was threatened by foreign powers as Commodore Perry requested Bakufu to open the ports. Against foreign powers, Bakufu couldn’t unite all japan by its own authority, therefore, samurai which was the ruling class in japan unified the country with the theory of “Revere the Emperor, Expel the Barbarians”(尊王攘夷 sonnō jōi). Japanese historian Shiba Ryotaro states that “in those days, Japanese had not the sense of “we are one of the person in Japan”, but had “we are one of the person in a Han (feudal clan)””[14]. In the end, so as to resist against strong wentern powers, people united centralized Emperor State Japan with integration power of the emperor. After Meiji Restoration, the government also ruined the country with the authority of the emperor and created strong loyalty. Uchida states that “the empire continued to depend on force in ruling Korea” in his essay (, although Korean nationalist leaders resisted against its rule as they rebelled on March 1th.)[15] In addition, this essay had already stated that it was proved that how the effect of the emperor was big when the Meiji emperor died.

 

3-5 Showa and the present Emperor

     After the World War Ⅱ, it was declared that the concept of his being a living god was denied. Under the ruining of Supreme Commander for the Allied Powers, Japan established the new constitution which states that the Emperor is “the symbol of the State and of the unity of the people”. Although it became obvious that the emperor is not real deity god, the death of Showa also greatly influenced Japanese people. Asahi Newspaper mentioned that “120,000 people visit the imperial palace to mourn”.[16] A lot of events such as new year’s party was canceled under the mood of self-restraint. Also, when the present emperor declared the plan to abdicate the throne before he dies, it impressed a lot of modern people.

 

4 Relation between time, history, people and the emperor in modern Japan (Conclusion)

     As Harootunian implies in his quote, although historian tend to create clear boarder in order to describe and capture the end and the beginning of an epoch easily, people at the time did not have such conscious and these changes between two eras are not sudden one but gradual one. The change from Meiji to Taisho is the one example. Certainly, great differences are being between the characteristics of Meiji and Taisho, however, the change was appeared from Meiji era little by little. On the other hand, especially in Japan, clear punctuations of death of the emperor greatly affected people. This influence of the emperor relates to its history in Japan. Japanese loyalist Sonobe Itsuo states that “the emperor, thorough the long history without just a little era, himself had not had political power and the emperor was on the social position that authorized each political power. Therefore, the emperor is appropriate for the status of the symbol of Japan.”[17] Japan was unified under the integration power of the emperor as centralized emperor state against foreign powers which is represented by the ancient times against Sui or Bakumatsu against western power. Sonobe also states that this strong integration power stems from its character that the emperor is connected by one legitimate imperial linage. Therefore, the emperor is the symbol of continuous and integral state which continues from the past to the future with its big history. The emperor who has the history from ancient times (sixth century) is very rare. This fact leads to its great integration power of the emperor. As a result, although the change between two eras is unclear, modern Japanese emperor has certainly big influence to people at the time and the death of them was big factor of the change of history.

 

 

 

[1] A sense of an ending and the problem of taisho (H.D.Hatootinian) page10

[2] A sense of an ending and the problem of taisho (H.D.Hatootinian) page10

[3] A sense of an ending and the problem of taisho (H.D.Hatootinian) page20

[4] A sense of an ending and the problem of taisho (H.D.Hatootinian) page21

[5] A sense of an ending and the problem of taisho (H.D.Hatootinian) page14

[6] A sense of an ending and the problem of taisho (H.D.Hatootinian) page15

[7] A sense of an ending and the problem of taisho (H.D.Hatootinian) page11

[8] Dojidaishi (Miyake Setsurei, Tokyo, 1953)

[9] A sense of an ending and the problem of taisho (H.D.Hatootinian) page5

[10] As reported in Nezu Masashi, Nihon gendaishi (Tokyo, 1966) , A sense of an ending and the problem of taisho (H.D.Hatootinian) page6

[11] A sense of an ending and the problem of taisho (H.D.Hatootinian) page7

[12] Shin Koshitu Ron (Kasahara Hidehiko, Tokyo, 2013)

[13] Tennno to Kanryo (Kasahara Hidehiko, Tokyo 1998)

[14] Shiba Ryotaro de manabu nihonshi (Isoda Mitifumi 2017)

[15] Building an Empire of Harmony (Uchida  

[16] Asahi Newspaper January 8th 1989

 

[17] Koshitu Seido wo Kangaeru  (Sonobe Itsuo 2007)

なぜ日本国はここまで経済成長が可能だったのか。アジアの他の地域や、欧米列強以外の国の中で飛び抜けて発展した理由とは?①

なぜ日本国はここまで経済成長が可能だったのか。アジアの他の地域や、欧米列強以外の国の中で飛び抜けて発展した理由とは?①

 

 

日本の発展について案外説明できない。

ウガンダに行った時、めちゃめちゃ聞かれることに、”どうして日本はそんなに発展できたんだい?”って言葉がある。

ウガンダの人々には、高い成長率を誇り先進国に仲間入りした日本の真髄を知ることで、自分たちが発展するためのヒントを得たいという意思があった。それに、僕自身も留学中に多分にそのことに興味をもった。ウガンダの生活水準と日本の生活水準には天と地ほどもの差がある。

 

 

いったいなぜなんだ?同じ人ではないか!いつこんな差が生まれたのだ!?

 

僕は(受験で日本史をやってないのもあるかもだけど)、明治維新においての富国強兵、高度経済成長期など、発展した事実についての知識はあるにせよ、そこにどんな秘訣があるのかよくわからない。

 

ウガンダの人に聞かれた時は、とりあえず、”侍の精神があったからだ” とか "教育制度がしっかりしているんだ" とか適当に答えてしまったが、この疑問はずっと頭に残り続けていた。

 

 

 

日本の発展を知る意義

日本の発展について知り、考えることは大いに意義があることでもある。そのエッセンスを自分なりに導くことは、思考訓練ともなるし、では今後どのような国家がどのように力をつけていくのか?日本の今後はどうなるのか?を知ること。さらに言えばどのような企業、どのような組織、どのようなチームが力をつけることになるのかを垣間見ることになる。

 

ってことでちょっくら考えてみよう!

 

 

日本発展の理由に関してのブレインストーミング

 

今回の記事では、とりま思いつくものをバーーーッと挙げてみようと思う。

 

 

◯時間的優位性

欧米列強がまず目を向けたのは清国やインドである。幕末の知識人達は、欧米諸国がどのようにアジアに手を伸ばしたか知ることができた。

 

 

◯地理的優位性(島国であること、極東であること)

 

・島国で日本独自の文化が発展し、諸外国に飲み込まれない。(キリスト教も広まらない)

・防衛しやすい、攻め込まれない

・海への意識が強く、海を上手く使えた

・外国の人達なんだかんだ日本には攻めづらい。それに対してアフリカとか近くてすぐ行ける。

 

◯思想的優位性

・中華思想(中華が世界の中心だ!)に飲み込まれなかったために、清とは違い柔軟に欧米文化を吸収できた。

・古代から連続してつながる天皇の存在が日本国に一体感をもたらし攘夷の基盤となった。

・歴史の中で育まれてきた武士の不屈の精神が諸外国の圧力を跳ね返し、かつ成長へとつながった。

・武士の将軍や大名に対し、命をかけて戦う精神が、お国と君主のために努力する精神につながった。

・藩ごとの競争意識が、教育制度の充実につながった。また、人々は立身出世を脇目も振らずに目指すようになり、政治家官僚の質を高めた。

 

◯経済的優位性

・江戸時代に徳川家が経済を発展させ東京を作り上げたのはなんか影響ありそう

・銀が割と取れた

 

◯その他

・他国に比べて比較的ちょうどいいレベルに人口多い

・ドイツの知見を積極的に取り入れ軍事力を高めた

 

 

 

根性論かよ!って感じだけど、俺はやっぱこん中では、武士の精神ってめっちゃ重要だったと思うなあ。

てか、ブレストだから全然まとまってないし、第二次世界大戦以後の発展の理由となるものが少なすぎる...まあその辺中高時代に勉強サボってたし仕方ないかな。

ものづくりとかが発展した理由全然わからねえわ。

 

またまとめるとしよう。

天皇って日本に本当に必要か? 税金で飯食ってるような存在許しちゃダメ? 〜日本における天皇の意義と必要性を探る①〜 

天皇って日本に本当に必要か? 税金で飯食ってるような存在許しちゃダメ? 〜日本における天皇の意義と必要性を探る①〜

 

本100冊読破シリーズの第一弾。今回は、「皇室がなくなる日」。

皇室がなくなる日: 「生前退位」が突きつける皇位継承の危機 (新潮選書)

 

 

天皇は日本の象徴であり、いて当たり前の存在だ。

 

僕自身、小さい頃からなんとなく、上の観念に囚われていた。

 

しかしそんな自分の中での当たり前が、数年前に知り合ったベネズエラ人の友達にあることを言われたのがきっかけで変わった。

 

「お前たち日本人は、どうして天皇なんてものを置いてるんだ? そもそもあいつらはどうやって生きているんだ? 国民の税金で生活してるんじゃないか?」

 

驚愕した。

そんなこと考えたこともなかったし、それを言われて僕は全く言い返せなかった。確かにその通りだと思ったし、これ以降ずっと、天皇なんていらないと思っていた。

また、ニュースで一々皇族に様をつけたり仰々しい敬語をつかっていたりするのを軽蔑していた。古い思想に囚われやがってなどと毒づいていた。天皇は必要ないんじゃないか。そう思っていた。

 

そんな僕に、天皇の意義と必要性について考える材料を与えてくれたのがこの「皇室がなくなる日」だ。

 

天皇の存在意義や必要性はあるのか

結論からいえば、「ある」であり、僕自身も納得している。なぜ天皇の存在意義があるのかを知るためには、歴史を学ばなければいけない。

 

日本は天皇を中心とする中央集権国家であった

天皇を中心とする中央集権国家とは、天皇制国家とも言い換えられる。そしてそのような体制は、日本政治史上において古代の律令国家と近代の明治国家に見て取れる。

 

 

話は、『日本書紀』などが書かれた7世紀頃、さらにはその前の時代まで遡る。6世紀末ごろ、中華帝国である隋が東アジアの中で覇権を拡大していた。この隋に対し聖徳太子が自主・対抗外交を打ち出す際、高句麗の先進性に注目しその思想を積極的に吸収した。高句麗から吸収して出来上がった王権思想の最大の特徴として、天井の天帝と地上の皇帝を峻別しつねに易姓革命の起こりうる中華帝国とはちがい、天皇は天井にある神の子孫としての現人神であるという天孫降臨の神話を根底にすえていることがある。これは、高句麗を通じて倭国に流れ込んだ北方民族の建国神話と重なるものであり、これにより聖徳太子は、理論武装としての隋への対抗を実現した。

 

その後作られた『古事記』には、『日本書紀』と違い政治的な作為が感じられることからも、天皇神話を利用して政治体制を作り上げていったことが伺える。

 

その後も天皇は政治の中心であり続けた。武士が台頭してからも例外ではない。鎌倉幕府は後醍醐天皇に潰されたのであるし、豊臣秀吉も徳川家康も天皇を滅亡させる力を有していながらそれをしなかったのは、天皇の神聖さや古代から続くことによる権威を認めていたからである。

 

参考:鎌倉幕府は何故天皇家を滅ぼさなかったのか?|本当の日本の歴史と、日本人を知って、自信を持つ日本人になるためのブログ

 

また、幕末において、日本の武士たちが天皇の統合力に注目したこともいうまでもない。 坂本龍馬ら志士は、早くから外国勢力に立ち向かうために天皇を中心として日本国をまとめていくことの必要性を感じた。これは、当時の国学の流行りなどにより、天皇の統合力と権威が改めて見直された結果と言える。

 

www.yo-dash.com

 

 

7世紀と19世紀に降りかかった日本への二大外圧に対して、日本は国家の独立を維持すべく、天皇の統合力をバネにして天皇制国家の樹立を志向したといってよかろう

 

天皇は、日本の歴史において、政治権力を持っている期間は短いにせよ常に権威ある存在であったといえる。

 

 

外国の皇帝や国王と、日本の天皇の明確な違い

これを読んで、明確にわかったことは、外国諸国における皇帝や国王とは比べ物にならないほど日本の天皇には正当性や権威があるということだ。

 

諸外国の帝は、なんだかんだどこも王朝が変わったりだとかいろいろしている。しかし、日本は、少なくとも記録上は、その起源からずっと子孫が継承し続けているのである。これは驚くべきことだ。日本の長い歴史を鑑みてもまさに日本の象徴としての存在にふさわしい。

 

今、ベネズエラ人の友人にもう一度天皇の存在意義・必要性について問われればはっきりと言うことができると思う。

日本の天皇は、確かに外人からみれば奇妙に思うかもしれないが、他国を見てもこれほどしっかりと一つの血統で連なる存在はなく、日本の象徴として大いに意義ある存在なのだ。

 

一応加えておくが、僕は右翼でもなんでもない。でも日本への愛着とかは普通にあるし、この日本でずっと正当に継承されてきた天皇って純粋にすげえなって最近思い始めたし、そう思う日本国民は(特にお年を召した方中心に)とても多いのではないかと思う。

 

 

>>次回続き

天皇の継承問題について

 

 

 

皇室がなくなる日: 「生前退位」が突きつける皇位継承の危機 (新潮選書)

俺の人生を変えた日  〜アイセックインターン中にウガンダの貧困家庭に一泊し、驚愕の一夜を過ごした。価値観を揺がす原体験とは、こうゆうものだ。〜

俺の人生を変えた日  〜アイセックインターン中にウガンダの貧困家庭に一泊し、驚愕の一夜を過ごした。価値観を揺がす原体験とは、こうゆうものだ。〜

 

さて、春休みに50日ほどAIESEC(アイセック)を通じてウガンダインターンに行ってきたわけなんだけれども、その中で間違いなくベスト3に入る強烈な1日を紹介したいと思う。

 

この日、間違いなく、俺の人生は変わった。

 

 

 

(アフリカに行った理由はこちら)

 

yo-dash0624.hatenablog.com

 

自分が何をしたらいいのか、全く見当もつかなかった最初の二週間

 

ウガンダという異国の地に放り込まれた自分は、本当に何をしたらいいかわからなかった。初めは道端にいる黒人が怖くて、外にでることさえままならなかった。

 

慣れない食事や水のシャワー、綺麗とは言い難い環境にメンタルをやられ、英語が得意なわけでもないから、現地の人ともうまくコミュニケーションが取れない。俺はどうしてこんなところに来てしまったのか、帰りたい。何度も一人でベッドで泣いていた。

 

子供たちと触れ合ったり、ちょっとしたコミュニケーションを現地の人と取ったり。月並みなことしかすることができず、僕は鬱憤としていた。

 

f:id:yo-dash0624:20170405020006j:plain

 

 

 

農場にきて、仕事が始まってもそれは変わらなかった。そもそも、どうして農場なんかを選んでしまったのか。俺は農業の知識も経験もこれっぽっちもない。この場所で自分にできることなんて一つも見当たらなかった。

そんな自分に追い打ちをかけるように、辛い環境が自分を襲う。部屋には蜘蛛の巣が張り蟻やトカゲがそこら中を這っている。トイレに行くといつも蜂がいて落ち着かないし、自分の周りには常にハエが舞っている。飯食ってる時は当然大量のハエもご同席だし、飲み水は土で濾過したもので、茶色い。昼間はくそ暑くて屋内にいても意識が遠のき、水分補給をしようとしてもその水はやはり茶色い。砂埃が舞い、落ち着かない。

 

 

f:id:yo-dash0624:20170405020728j:plain

 

 

 

初心に戻った。自分は何をしたいのか、もう一度深く考えた

 

そんな中、アイセックのサポーターや友人たちの日本からの声に励まされながら、もう一度原点に戻ってみることにした。自分はなぜアフリカを選んだのか。いったいアフリカに来て何をしようとしていたのか。

するとこんな環境の中でも、沸々とした思いが湧き上がってきた。動こう。行動しよう。足を動かそう。何ができるかなんて今はわかるはずもない。逆にだからこそ、今がむしゃらに自分ができることをやってみなきゃいけないんだ。

 

そして僕は意を決した。

 

農場の最貧困家庭へ。そこで一泊することに。

 

避難民としてこっちきて、ここで農地耕してる一番貧しい一家。彼らと飯を食い、一緒に寝ないと、彼らのことはわからないと思ったから。まずは彼らを存分に理解しないことには、何も始まらないと思ったから。11人家族で、英語は一人しか喋れない。その一人は、5年間だけ学校に行ったけれどもお金がなくなりいけなくなったアレックス。ご両親含めみんなルソガ語。子供達の笑顔は眩しいし、子供と触れ合ったのは楽しい時間だったけれど正直きつかった。

 

キャッサバとミレット?をまぜたとかいう謎の黒い練り物に、モリンガという木の葉っぱと豆を混ぜたものを手で付けて暗闇の中で食べた。じゃりじゃりしている。水で手を軽く洗ったりしたけど、苦いし全然のどを通らない。最初口にした時はそれがなんなのかも知らなかったし、吐きそうになった。それでもおいしそうな顔をして、彼らも普通に食べているじゃないかと言い聞かせ、最後まで食べきった。食べた後は胸と頭がむかむかして普通でいられなかった。どっから汲んだのかわからない水をだされた。それを飲んだところでその気持ち悪さは改善するどころか、さらに悪化するばかりだった。今、思い出すだけでも少し気持ち悪くなる。

 

f:id:yo-dash0624:20170405021802j:plain

今宵のディナー。フラッシュで明るいけど、実際はほぼ真っ暗で、何を食っているのか全然わからなかった。

 

 

さらに、地面に布を敷いただけの場所で寝ることに。枕は木。いや、これ、全部俺がお願いしてやってることなんだけどね。2畳くらいの泥でできた小屋に4人で寝た。蚊なのかハエなのかわからないものが周りを飛んでいて、あちこち痒い、それに暑い。地面が固い。背中が痛い。今思い出せば壮絶な体験だった。日本の牢屋の方が100倍いい環境だろう。当然ちゃんと寝れるわけない。隣の人が動くたびに起きてしまい、3時ごろ小屋をそろりとでて外で一休み。

 

 

でもそれで冷静になれた。たまたま生まれた境遇が違うだけの彼らと僕ら。どうしてここまで差が生まれるのだろう。誰が何をしたって、こうゆう差が縮まることはないだろうと思う一方で、ああ俺もっとできるな。もっと動けるな。って感じた。そんな気持ちでもう一度あの狭く寝苦しい小屋に戻ると、なぜかすんなり眠れて、そのまま7時まで熟睡。他の人が起きても気付かないくらい深く眠っていた。人間、どんな環境でも生きれるもんだな。でももう一回やれと言われると、、、きついな。

 

f:id:yo-dash0624:20170405022226j:plain

寝た場所。薄っぺらい布を下に敷いただけ。隣の人と肩をくっ付けるくらい狭い状態で寝る。

 

 

とはいえ、この宿泊は、この一家のご飯や寝るスペースを貰っているので本当にありがたいものだ。「君たちの力になりたい。君たちがどんな気持ちで過ごしているのか知りたいんだ」そう言って懇願した結果受け入れてくれたのだった。

そしてそのおかげで、心を許してくれて、深く話を聞くことができた。まず、小屋の中にいろんなものが欲しいという。そしてちゃんと寝れる場所が欲しい。それは身をもって納得した。そして教育をすごく欲していた。以下アレックスとの会話をそのまま引用したい。

 

 

 

「教育があれば、単純に仕事が増えるわけではないと思うよ?」

「でも今のままじゃ英語も喋れない。自分の想いを伝えることもままならない。教育を受ければ、生活はもっとよくなるよ。」

「じゃあ、教育をもっと受けてたら何ができると思う?」

「自分は5年学校に通えたが、もっと学びたかった。医者になりたいんだ。

「どうしてなりたいの?」

「僕の心の中から生まれてくる想いだよ!小さいころ、知識がなくって死んでしまった人をたくさん見たんだ。そうゆう人を自分が医者になって救いたいんだ。自然と、心の中から湧き上がってくるんだよ」

「とっても、素晴らしいね。うん、すばらしい。」

「ありがとう」

「今、一番欲しいもの、やりたいことはなんだい?」

「たっくさんあるよ。世界のために、地元のために、家族のために僕は動きたい。医者になるために勉強したい。けれど、スポンサーがないんだ。」

「スポンサーがいなくても、できることはあるんじゃないの?」

「料理をする時に塩がないようなものだ。スポンサーがいないと、よい生活には絶対にならないんだ。僕らには何もできないんだ。一生懸命働いても、何も変わらない。」

「ああ、そうだね、、。」

 

僕は反論することはできなかった。彼の話を聞いていると、僕らはやればできるんだ あれがあればもっとよくなるんだ と、無い物ねだりをしているように聞こえる。教育を受けても、簡単には医者になれないだろう。そのためにもまた厳しい道が待っている。競争がある。援助を受けたからって上手くいく甘い世界じゃないと思った。教育より、目の前の暮らしをよくするために生産性をあげたりして頑張ったほうがいいんじゃないか?

そう批判的に聞いてみたりもした。けれど、実際に彼らとあの劣悪な環境で一夜を過ごし、僕は単純にそう思うことができない。

毎日あの小屋で寝ることになったとして、

僕は東大を受験するように毎日猛勉強できるだろうか?

もっと頑張ろうと意気込んで考えたり行動したりできるだろうか?

怠惰な自分を奮い立たせて行動に移すことができるだろうか?

 

 

 

 

 

 

無理だ。

 

 

 

 

 

いったい僕と彼らの何が違うのか。僕にははじめから、教育を受けられる環境が周りにはあり、そして自ら学ぶことなどを通じ身の回りを変えることができると教えてくれる人がいた。「心の中から医者になりたいという想いが溢れてくるんだ。」そう強くいう彼の言葉を、たらればだよw いざ勉強することになったらそんな続けられねえよw そう言って嘲笑することは僕にはできなかった。かといって、無償の援助を彼らにしよう!とは思えなかった。

 

f:id:yo-dash0624:20170405023602j:plain

泊まらせてもらったジブゥンドゥカファミリーと暗闇で撮った一枚。

 

 

まだ何をすべきか、答えは見つからない。でも確実に、この時から僕の行動は変わった。

 

そんな生活を向上させるような解決策なんてわからないし、一朝一夕でできるものでもない。しかしやはり、僕の心に強く訴えかけるものがあった。

 

少しばかり援助をしたところで何も変わらないし、もっとマクロでみたら世界に貧困はなくならない。だったら何をしても意味ないじゃないか。

 

そう思う自分がいて。今も変わらずいる。でも一方で、

 

彼らのために自分は何もしないつもりなのか?全てはできないかもしれない。けど、何かは絶対にできるはずだ。

 

そうゆう自分が大きくなり始めていた。少なくとも、自分がウガンダにいるあと5週間くらいの間は、真剣に自分がやれることを考え抜いて、行動して、絶対に何かしてやるんだという気持ちで過ごさなきゃいけないと決意した。

 

そしてこの日から僕は自分をさらに追い込むようになり、考え続けた。そして、自分ができることが少しずつ見えてきて、その達成のために突っ走ったのだった。

 

 

 

yo-dash0624.hatenablog.com

 

受験は人生の基礎を作り上げる。 〜東大に絶対に合格する方法〜

 

受験は人生の基礎を作り上げる 〜東大受験生に向けて〜

 

受験は、ただの暗記ゲーではない。

 

受験期間中にどのように振る舞うかはその人の人生を決めると僕は考えている。受験期間中の「東大合格」というこれ以上ないはっきりとした目標を持っていながら自分を何も変えられないならば、その人は人生を通して何も変わらないと言ってもいいいと思う。

 

そして自分自身が東大生として、多くの東大生を見てきたが、全員に共通することがある。いわば、100%東大に合格する方法である。

 

f:id:yo-dash0624:20170405010401j:plain

https://goo.gl/images/hIxzCb

 

→→東大に絶対に合格する方法

続きを読む