ただ 今を生きるのみ   〜いざ、アフリカへ〜

僕はこの世のことがよくわかりません。自分の考えは間違いだらけでしょう。でもだからって何もしなければ間違ったまま。「君主は日に三転す」という言葉があります。賢者は自分の意見をコロコロ変えても良いのです。自分の考えは間違っているかもしれません。そしたら考えを改めればいいののです。発信から気づく間違いもあるでしょう。発信しようとすることで、新たに知る機会を得ることもできます。まぁこんな感じで、なんか色々書きたいと思ったことを書こうかな。メアド:yo.dash0624@gmail.com

今CMで話題のwatsonとは??

 

 


「Watsonとの対話」 渡辺謙 + IBM Watson 外国語を学ぶ

www.ibm.com

 

今CMで話題を集めているwatson。これもAIの一つだが、一体何がすごいのでしょうか。

 

 

渡辺謙さんとの対話が日本語で実現!

自然言語による会話をかなりスムーズにやってますね!

しかもただ相手の言葉に答えるだけではなく、自分から話題を振ることもできるんですね。この点Siriより優れていると言えます。

 

 

インターネットに繋がずにアメリカのクイズ王に勝利!

2011年2月16日米国の人気クイズ番組「Jeopardy!」で賞金100万$を獲得し、全額寄付した。

 

問題も文章が入力されて出題されるのではなく、自然言語を聞き取っています。前回の記事で触れた三つの段階のうち「知覚」を自然言語によって行っているわけですね!

 

yo-dash0624.hatenablog.com

 

しかも驚くべき点はインターネットに繋がずともクイズ大会で勝利してしまった点です。

IBM 質問応答システム“ワトソン”がクイズ番組に挑戦! - Japan

 

Wasonに世界が注目!

既にwatsonの実用化が様々な業界で目指されています。

銀行のコール業務では人間の代わりにwatsonに的確な判断をさせることになることがすでに決まっています。

 

人間の仕事を奪う?

こんな素晴らしい機能を持ったwatson。将来的に人間の能力を上回るのではないかとも言われています。となれば

しかしwatsonによってまた新しい事業が生まれ、雇用も生まれるとも考えられます。また、人間による、人間的でよりクリエイティブな仕事は今後もなくならないでしょう。

大切なことは、新しい情報を得つつ、自らのできること、いや、やりたいことは何か考えていくことではないでしょうか?