ただ 今を生きるのみ   〜いざ、アフリカへ〜

僕はこの世のことがよくわかりません。自分の考えは間違いだらけでしょう。でもだからって何もしなければ間違ったまま。「君主は日に三転す」という言葉があります。賢者は自分の意見をコロコロ変えても良いのです。自分の考えは間違っているかもしれません。そしたら考えを改めればいいののです。発信から気づく間違いもあるでしょう。発信しようとすることで、新たに知る機会を得ることもできます。まぁこんな感じで、なんか色々書きたいと思ったことを書こうかな。メアド:yo.dash0624@gmail.com

二日目 〜まだ慣れぬウガンダ、シャワー冷たい!でも飯はうまいな〜

いきなりの二日酔いw

 

トイレで朝7時に起床。

 

水道の水は飲めないので仕方なく通りまで歩いて買いにいくことに。朝7時なのに、割とたくさん人が外に出ていた。にわとりが道に放し飼いされているのにはびっくり。

 

そして無事水を購入。はじめて一人で買い物したわ。水を飲みながら酔いを覚ましつつ街を少し歩いてみる。ちょっと歩くと農地が広がっていた。犬、牛、鶏が飼ってある。なんか入れそうだったのでグイグイ入ってみた笑。 水路を飛び越えたら沼に足がはまってしまう。うおまじか、面白えと思って写真撮ってたら、仲間で泥水が染み込んでグッチョグチョになってしまった。アホすぎ。

 

農地に入りすぎて元の道を帰ると遠回りだったので、仕方なく家の敷地内を通ることに、、。誰もいないと思ったら女性が洗濯していて、やべって思ったけど逆に堂々と挨拶したら返してくれた笑。帰ってきて二度寝

 

 

11時くらいに起きてシャワーを浴びる。これがまあ冷たい。寂れた蛇口から容赦なく降りかかってくる。小学校のプールで無理やり浴びせられた冷たいシャワーを思い出す。後から知ったのだけれども、水に細菌がいてどんな病気になるかもわからないからビーサンを履くべきらしい、、驚愕。

 

 

この日は、外に一人でるのがまだ怖くてずっとアイセックの宿にいた。アイセックウガンダの様子を聞いたりしながら、ポシェというウガンダ料理をお昼ご飯に食べた。穀物と豆。まあまあうまし。

 

 

 

そのままずっとブログを書いたり文書を作ったりしていた。でもずっと英語で外人ばっかの環境はやっぱストレスがあったのだろう。日本のアイセックの友人と電話で話せてとてもホッとした。アイセックを通してインターンに参加すると、一人がずっとつきっきりでコンサルしてくれて本当に感謝。電話をし終わっても部屋でミスチルを一人聞くリラックスタイムを設けた。

 

 

夕飯作ってくれるのかな~思ってたら9時くらいまでなんもなくてちょい生命の危機を感じた笑 そのあと一緒に買いに行きましたとさ。今日もクラブ誘われたけどさすがにやめといた。この人たち毎晩行ってるのかな笑。てか、クラブ行かなくても、この宿自体、毎晩23時過ぎまで大音量音楽ながれてて小クラブ状態で寝れない。。。