ただ 今を生きるのみ   〜いざ、アフリカへ〜

僕はこの世のことがよくわかりません。自分の考えは間違いだらけでしょう。でもだからって何もしなければ間違ったまま。「君主は日に三転す」という言葉があります。賢者は自分の意見をコロコロ変えても良いのです。自分の考えは間違っているかもしれません。そしたら考えを改めればいいののです。発信から気づく間違いもあるでしょう。発信しようとすることで、新たに知る機会を得ることもできます。まぁこんな感じで、なんか色々書きたいと思ったことを書こうかな。メアド:yo.dash0624@gmail.com

なぜ日本国はここまで経済成長が可能だったのか。アジアの他の地域や、欧米列強以外の国の中で飛び抜けて発展した理由とは?①

なぜ日本国はここまで経済成長が可能だったのか。アジアの他の地域や、欧米列強以外の国の中で飛び抜けて発展した理由とは?①

 

 

日本の発展について案外説明できない。

ウガンダに行った時、めちゃめちゃ聞かれることに、”どうして日本はそんなに発展できたんだい?”って言葉がある。

ウガンダの人々には、高い成長率を誇り先進国に仲間入りした日本の真髄を知ることで、自分たちが発展するためのヒントを得たいという意思があった。それに、僕自身も留学中に多分にそのことに興味をもった。ウガンダの生活水準と日本の生活水準には天と地ほどもの差がある。

 

 

いったいなぜなんだ?同じ人ではないか!いつこんな差が生まれたのだ!?

 

僕は(受験で日本史をやってないのもあるかもだけど)、明治維新においての富国強兵、高度経済成長期など、発展した事実についての知識はあるにせよ、そこにどんな秘訣があるのかよくわからない。

 

ウガンダの人に聞かれた時は、とりあえず、”侍の精神があったからだ” とか "教育制度がしっかりしているんだ" とか適当に答えてしまったが、この疑問はずっと頭に残り続けていた。

 

 

 

日本の発展を知る意義

日本の発展について知り、考えることは大いに意義があることでもある。そのエッセンスを自分なりに導くことは、思考訓練ともなるし、では今後どのような国家がどのように力をつけていくのか?日本の今後はどうなるのか?を知ること。さらに言えばどのような企業、どのような組織、どのようなチームが力をつけることになるのかを垣間見ることになる。

 

ってことでちょっくら考えてみよう!

 

 

日本発展の理由に関してのブレインストーミング

 

今回の記事では、とりま思いつくものをバーーーッと挙げてみようと思う。

 

 

◯時間的優位性

欧米列強がまず目を向けたのは清国やインドである。幕末の知識人達は、欧米諸国がどのようにアジアに手を伸ばしたか知ることができた。

 

 

◯地理的優位性(島国であること、極東であること)

 

・島国で日本独自の文化が発展し、諸外国に飲み込まれない。(キリスト教も広まらない)

・防衛しやすい、攻め込まれない

・海への意識が強く、海を上手く使えた

・外国の人達なんだかんだ日本には攻めづらい。それに対してアフリカとか近くてすぐ行ける。

 

◯思想的優位性

・中華思想(中華が世界の中心だ!)に飲み込まれなかったために、清とは違い柔軟に欧米文化を吸収できた。

・古代から連続してつながる天皇の存在が日本国に一体感をもたらし攘夷の基盤となった。

・歴史の中で育まれてきた武士の不屈の精神が諸外国の圧力を跳ね返し、かつ成長へとつながった。

・武士の将軍や大名に対し、命をかけて戦う精神が、お国と君主のために努力する精神につながった。

・藩ごとの競争意識が、教育制度の充実につながった。また、人々は立身出世を脇目も振らずに目指すようになり、政治家官僚の質を高めた。

 

◯経済的優位性

・江戸時代に徳川家が経済を発展させ東京を作り上げたのはなんか影響ありそう

・銀が割と取れた

 

◯その他

・他国に比べて比較的ちょうどいいレベルに人口多い

・ドイツの知見を積極的に取り入れ軍事力を高めた

 

 

 

根性論かよ!って感じだけど、俺はやっぱこん中では、武士の精神ってめっちゃ重要だったと思うなあ。

てか、ブレストだから全然まとまってないし、第二次世界大戦以後の発展の理由となるものが少なすぎる...まあその辺中高時代に勉強サボってたし仕方ないかな。

ものづくりとかが発展した理由全然わからねえわ。

 

またまとめるとしよう。